住宅ローン借り換えは病気で審査に落ちる?

新規や借り換えを問わず、住宅ローンは高額な融資を受けるので、長期に渡って返済していくことになります。
ですから、途中で病気になって返済が滞る可能性がある人には融資をしたくないのが、銀行側の本音です。
そのために、団体信用生命保険という保険の加入を義務づけている銀行が多いのです。
保険の加入条件として、「過去○年以内に入院や手術の経歴がない人」「現在、特定の病気の治療や通院中でない人」「特定の病気について投薬治療を受けていない人」などの規定があるのです。
病気に関しては精神的な病気も含まれており、「うつ病」などは審査に引っかかる可能性があります。
これらの病歴が有る人たちが融資を希望した場合に、銀行側は「不健康だからお断りします」と言うより「団体信用生命保険に加入することが条件なので」と言って断った方が、角が立ちませんからね。
住宅ローン審査通らない!フラット35は審査甘い?【ゆるい銀行は?】