フラット35と請負契約書とは?

住宅ローンのフラット35は、少し前までは購入金額の9割が融資金額の上限と定められていました。
しかし現在は10割すべてを借り入れることが可能になっていますので、頭金を用意できていないという方でも、フラット35を利用することができるようになっています。
この場合の購入金額なのですが、既に完成している建物を購入した場合であれば分かりやすいのですが、これから建物を新築する場合にはどうなるのかといいますと、建築を請け負ってくれる業者と交わした請負契約書に書かれた金額になるのです。
またこの際に、設計のための費用や、測量および整地にかかる費用、既存の建物を取り壊すための費用などについては、それぞれの費用を必要としたことを証明する契約書を提示することで、融資金額に含めることが可能となります。
フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】